外来動物を撃退しよう!害獣駆除のプロがスピーディーに対応

都市部に住むハチ

蜂

巣を作らせない工夫

スズメバチのような大型のハチだけでなく、どんなハチを見つけても刺されて痛い目を見るのではと恐怖心を感じる人は大勢います。近年では住宅街の中にスズメバチをはじめとした蜂の巣が多くなっている実情があり、ハチに刺される被害が頻出しています。蜂の巣ができてしまった場合の駆除は、安全性から専門の駆除業者に依頼すべきです。できれば蜂の巣を作らせないための工夫をしておくと良いでしょう。ハチは適当な場所に巣を作るのではなく、気にいったところにしか巣を作りません。ハチは雨が避けられて、甘い匂いがするところを好みます。軒下が蜂の巣を作る代表的場所ですが、木造の物置など隙間が多い建物の中にも作ります。蜂の巣が作られそうな場所は見通しをよくしておくことや、それが難しければハチが嫌う臭いのスプレーをまいておくことも対策になります。

ハチの種類による生息環境

ハチは世界に20万種類、日本にも250種類程度います。そのうち危険なハチとされているのがスズメバチとアシナガバチの仲間です。他にもミツバチやクマバチといったハチも良く見かけますが、基本的におとなしいため刺された被害は少数になっています。刺された時の被害が最もひどくなるスズメバチの仲間は、土の中や雑木林の中に巣を作ることが多く、知らないうちに巣の近くに近づいてしまい、被害にあうことが多くなっています。アシナガバチは住宅の軒下に巣を作ることが多いため、都市では最も多く見かけ、刺される被害も最も多くなっています。自宅で蜂の巣を見かけたり、巣は見えなくても特定の場所に近づくとカチカチという威嚇音が聞こえる場合は、速やかに害虫駆除業者に相談してみてください。ほとんどの害虫駆除業者は調査や見積もりは無料で行ってくれます。