外来動物を撃退しよう!害獣駆除のプロがスピーディーに対応

家にも被害与える外来動物

アライグマ

農産物ばかりではない被害

農産物に被害を与える野生動物として代表的なのが、畑の作物などを食い荒らすイノシシやシカ・クマといった大型動物です。各地の農家ではそうした有害鳥獣への対策に頭を悩ませており、最近では電気柵などの最新テクノロジーを利用した撃退方法も登場しているほどです。農産物に被害を与える動物にはもともと日本に住んでいなかった外来動物も含まれ、アライグマによる被害はその中でも特に大きな問題となっています。北米原産のアライグマは1970年代頃に日本でも多く飼育されていましたが、逃げ出した個体や捨てられた個体が日本の風土に適応して爆発的に増加しました。北米の自然環境ではオオカミやヤマネコ・ピューマといった天敵が存在するのと比べ、日本にそのような動物はほとんど存在しません。雑食性で小動物から農作物まで何でも食べる食性を持つアライグマは、旺盛な繁殖力を発揮して国内生態系にも悪影響を与えています。アライグマによる被害は農産物ばかりに限らず、都市部の環境に順応した個体は一般住宅にも侵入するため被害範囲が拡大中です。天井裏に住み着いたアライグマは騒音被害を引き起こすだけでなく、糞尿による悪臭や感染症も招いているのです。

天井裏から追い出す方法

アライグマはかつて国内でもペットとして多く飼育されていたことから、その気になれば自分でも退治できそうに思われます。しかしながら大型のアライグマ成獣は性質が荒く、捕獲しようとすると思わぬ反撃に出ることもあるので注意が必要です。特定外来生物に指定されているため許可を得れば誰でも捕獲はできますが、万が一咬まれた場合は狂犬病に感染する危険性も否定できません。自分で退治するのが困難なアライグマを駆除するには、専門の害獣駆除業者に依頼するのが最も無難な解決方法です。天井裏に住み着いた個体を追い出すにしても、害獣駆除業者は餌を仕掛けた捕獲用のカゴや箱罠などを使った専門的な方法を駆使しています。簡単には見ることのできない天井裏の調査も害獣駆除業者は徹底して行ない、場合によっては忌避スプレーや燻煙剤も使って追い出しを試みるのです。駆除作業が無事に済んだ後も専門業者は後始末をしっかり行ない、汚れた天井裏の清掃・消毒から侵入口を塞ぐ防除対策まで対応してくれます。天井裏に得体の知れない動物が侵入して重たい足音が聞こえる場合はアライグマの可能性が高くなりますので、一度害獣駆除業者に調査してもらうといいでしょう。

ハチ

早めに依頼をする

アシナガバチは色々なところに巣をつくるため大変危険です。少しの刺激でも攻撃してくる危険性があるのでハチや巣を見つけた際には絶対に近づかず、また自分たちで駆除をせずに専門業者に依頼をするようにしましょう。

蜂

都市部に住むハチ

蜂の巣を作られてしまった場合には、専門の駆除業者に駆除を依頼すべきです。蜂の巣を作られないように工夫をしておくことが大切です。日本で被害の多いハチはスズメバチとアシナガバチの仲間です。スズメバチは土の中や雑木林に巣を作り、アシナガバチは住宅に巣を作る特徴があります。

シロアリ

家を守るための駆除

家を守るために必要なシロアリ駆除ですが、確実にやるためには自分でやらずに業者を利用するようにしましょう。業者を利用する時には、値段だけで選ぶのではなく、効果を考えて実績や評判も含めて考えることが必要です。